穀物を使用されていないペットフードを選ぼう

餌ペットフードを選ぶときは犬が肉食動物であることを知っておきましょう。飼い主によってはなるべく肉類を与えずに穀物類を多めに与えて健康的な身体を作り上げようと勘違いしている人もいますが、基本的に犬は人間とは違い穀物類を嫌う動物です。例えば穀物にはトウモロコシや小麦、豆など様々ですが、穀物類が多いと消化不良を引き起こし、不調を訴える可能性もあります。その為、なるべく消化のことも考えて穀物類は避けた方がいいですが、ペットフードの中にはグレインフリーと呼ばれる穀物類が使用されていないペットフードも存在しています。

では、グレインフリーにはどんなメリットがあるのかというと、アレルギーの予防ができることです。犬は食物アレルギーになることも多く、そのほとんどの原因は穀物によるアレルギーです。穀物によってアレルギーを引き起こし、皮膚炎などの症状で苦しんでしまうこともあります。グレインフリーなら穀物類を一切使用していないので、アレルギー対策にもなり安心です。

また、肥満防止につながるのも魅力的です。穀物類は炭水化物になるので、肥満のリスクを高めます。それに比べてグレインフリーは穀物を使用していないので消化も正常に行うことができ、運動をしっかりとすれば肥満になることはなく魅力的です。そしてできるなら、人間が食べられる素材のペットフードを与えるようにしましょう。